ヤングケアラーの実態 大家族を支える若い介護者を支援する団体や解決策は?

福祉

学校に通いながら家族の世話をしなければならないヤングケアラーがいま問題となっています。

ヤングケアラーとは、障害を持つ親・祖父母や、年下の兄弟の世話をする18歳未満の子供を指す言葉です。

今回はヤングケアラーと大家族の関わり、支援団体や解決策について調べてみました。

スポンサーリンク

大家族の中で生まれるヤングケアラー

親子三世代などの大家族は、子供たちを養っていくために両親が共働きで、祖父母の介護や年下の兄弟の世話を子供が担当することが多くあります。

子供が家事や介護を担うと、勉強や部活にあてる自由な時間はほとんどなく、金銭的な負担もあって夢を諦めざるを得ないヤングケアラーも少なくないのが現状です。

近年では、晩婚化による高齢出産が多くなってきたことにつれて、子供が成人する前に親が病気になり介護が必要になるケースが増えています。

また日本では「家族の問題は家族で解決するべき」という考え方が根強く残っていて、家族の世話をするのは当たり前だと、ヤングケアラーの自覚がない子供も多いのです。

スポンサーリンク

ヤングケアラーの支援団体

日本ケアラー連盟

一般社団法人日本ケアラー連盟では、介護をしている人とそれを気遣う人、介護者が抱える問題を社会的に解決することを目的とする団体です。

ヤングケアラーにどのような支援が必要かを政策提言し、社会に働きかけています。

またヤングケアラーを支援するためのWEBサイトを作り、日本や外国のヤングケアラー問題への取り組みを紹介しています。

ケアラーアクションネットワーク協会

ヤングケアラーの支援に力を入れているのが一般社団法人ケアラーアクションネットワーク協会(以下、CAN)です。

CANではヤングケアラー同士の交流の場を設ける等、障害をもつ兄弟姉妹の世話をするヤングケアラーを中心に支援しています。

またヤングケアラーが家族や周囲の人との関わりを再確認しながら、自分の人生を歩むために未来像を描くための「ヤングケアラーズ・プログラム」を作りました。

イギリスと日本の支援・解決策の違い

イギリスでの支援・解決策

イギリスでは1980年代の後半にはヤングケアラーの問題を取り上げ、早期に対策を講じていました。

その結果、学校への働きかけ、教材や情報の提供、居場所やつどいの場づくり、子供向けのWEBサイトの解説など、イギリスでは様々な支援のためのプログラムが用意されています。

またヤングケアラーが、どのような支援を必要としているのかをケアマネージャーなどが判断するアセスメントを受ける権利が保障されていて、1人で介護を抱え込まないための配慮がなされています。

日本での支援・解決策

日本では、ヤングケアラーの認知度や社会問題としての意識は低く、解決策が十分に講じられていないのが現状です。

家庭内のみで行われる介護の問題は表面化しにくく、ヤングケアラーの実態の把握が難しいのも支援が進まない原因の一つです。

これに危機感を示した埼玉県では、日本で初となる「ケアラー支援条例」が施行され、ヤングケアラーの実態調査を行いました。

この問題を解決するためには、ヤングケアラーが広く支援が受けられる制度や仕組みが、国や自治体のレベルで必要となってくるのです。

さいごに

最新の調査では中学生の約17人に1人、高校生の約25人に1人の割合でヤングケアラーが存在すると発表されています。

自分が学校に通っていたころのクラスにも、1~2人のヤングケアラーがいたかもしれないと思うと、この問題の深刻さと表面化のしにくさが想像つくかと思います。

ヤングケアラーであることは気軽に打ち明けられない悩みであるため、周囲の人が手を差し伸べることが解決に導く第一歩なのかもしれません。

コメント