ヨーグルト酒の度数・作り方・飲み方・割り方。キットカットとコラボ!

生活情報

キットカットの日本の酒コラボレーション第4弾としてヨーグルト酒が選ばれ、新澤醸造店の「超濃厚ジャージーヨーグルト酒」の粉末酒を使った「キットカットミニヨーグルト酒味」を発売しました。ヨーグルト酒というものを初めて知ったので今回はヨーグルト酒についての度数・作り方・飲み方・割り方など調べてみました。

スポンサーリンク

ヨーグルト酒の様々な度数

ヨーグルト酒には様々な産地があり海外だけではなく熊本から宮城・新潟など日本各地で作られておりそのためアルコールの度数にも低いものなら5度、ちょっと高くなって6~9度、さらに高い物ものでは16度以上といったものも多くあります。5度以下のものはストレートで飲むのに適し、度数が高いものは割って飲むのに適しています。

スポンサーリンク

ヨーグルト酒の作り方

ヨーグルト酒は作り方としてはリキュールに分類されるものでヨーグルトが材料になったもの全般を指すようですが、材料の中のヨーグルトの割合やベースとなるお酒の種類によっても千差万別のようで好みに合う物を探していく過程も楽しいかもしれません。

手軽な家庭での作り方では日本酒や焼酎をベースににのむヨーグルトなどを混ぜて練乳・砂糖の甘みで味を整えて作ることが簡単なレシピです。特に難しい材料はないので簡単に揃えられると思います。人によって好みも色々あるようでオーソドックスな物から個性的な物まで公開されているレシピも結構多く上がっています。

ヨーグルト酒の飲み方は

ヨーグルト酒の飲み方については種類が色々のため様々ですが、まず大きく分けてとろみの有るもの無いものに分かれています。とろみの有るものは甘さが強めなことが多いため割って飲むのに適していて、無いものはそのまま飲んで本来の味を楽しむのが一般的になっています。

先程触れたようにアルコール度数が低いものはそのままで、高くなるほど割るのに適していきます。材料の中のヨーグルトの割合が多いと濃厚な味わいになっていてお酒が苦手な人にもおすすめできる味になり、逆に割合が低くなるとベースになったお酒の個性が強くなってお酒が好きな方が好むものとなります。

ヨーグルト酒の割り方について

ヨーグルト酒の割り方ですが、ヨーグルトと同じくフルーツ類との相性が良いのでお好きなフルーツジュースで割るのが一番良いようです、他にもサイダーなどで割ることではヨーグルト酒の本来の風味が生かされ、牛乳・ジンジャーエールなどもお勧めのされています。割る際にはヨーグルト酒に甘みがあるのでそちらの方も考えた選択が重要となってくると思います。

種類も飲み方も多種多様で楽しみ方もいろいろなヨーグルト酒、これを機会に興味を持たれた方は一度試してみてはいかがでしょうか。

コメント