映画ヴァイオレット・エヴァーガーデン公開、アニメ版や外伝、小説を紹介!

エンタメ

9月18日、2019年7月の放火殺人事件以降、初の映画作品が京都アニメーション(以下京アニ)から発表されました!

同作は18年よりテレビシリーズで放映されたアニメの続編で、事件の被害者になられた方々も全員参加されていたそうです。

この記事では「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が一体どんな作品なのかに加え、神回と名高いテレビシリーズ10話やもう1つの劇場版、小説版「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」などのスピンオフなど紹介します。

スポンサーリンク

アニメシリーズ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」をまとめ動画や神回と名高い10話でおさらい!

劇場版「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」はアニメシーズの続編にあたる作品なので、ご覧になる際はアニメシリーズを事前に視聴して頂ければ、より作品を楽しむことが出来ます。

動画≪5分で分かるアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』≫

いざ、アニメシリーズを視聴しようにも全13話を全て視聴するのはとても大変ですよね。
そういった時間の余裕がない人に向けて、公式が短くあらすじをまとめた動画、≪5分で分かるアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』≫を公開しています。

5分で分かるアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第1回
5分で分かるアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第2回
5分で分かるアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第3回

全3回とも約5分半で構成されていて、とても丁寧に13話分のあらすじをまとめてあるのでおすすめです。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」ファンおすすめ!神回・10話。見るべき理由

アニメシリーズの中でも随一の人気を誇るのが10話です。その人気はファンの中でも「未見の人にも10話だけは見て欲しい」と言わしめるほどです。

≪10話あらすじ≫
マグノリア家の一人娘・アンは、好奇心旺盛でお母さんが大好きな女の子。
けれど、最近は気分が晴れない。
母の体調が芳しくない上に、訪ねて来る客が後を絶たない。(中略)
手紙を書くために母が招いたという「お人形」も、きっと私から母を奪う存在に違いない。
(中略)
アンは、誰に宛てたものかもわからない手紙を書くより、少しでも自分と一緒にいて欲しいと願う。
それが叶わないのなら、「せめて手紙を書いている側でお母さんの手を握らせて欲しい」
だって、もう母に残された時間がないことを知っているから……。
≪公式サイト様より≫

第10話は家族愛、とりわけ母娘愛に主軸が置かれています。人と人との距離をとらざるおえない現代に於いて、とても強いメッセージを持つ回だと筆者は考えています。

スポンサーリンク

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の小説、外伝映画など

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」はアニメシリーズ以外にもいくつかメディアライズされてるので、そちらもご紹介します。

劇場版≪ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 -≫

公式サイト≪http://violet-evergarden.jp/sidestory/≫
2019年9月6日に3週間限定として上映が開始された作品で放火殺人事件の直後に公開されたため、延期や中止もあると噂になっていました。

「災禍に見舞われたスタッフを含め、制作に参加した全員の生きた証しです」と京アニがコメントをだし、犠牲者も含めた制作スタッフ全員の名前をエンドロールに載せて発表されました。

小説版≪ヴァイオレット・エヴァーガーデン≫

公式サイト≪https://www.kyotoanimation.co.jp/books/violet/≫
原作者である暁佳奈さんによる小説版です。第五回京都アニメーション大賞初の大賞受賞作でアニメとの設定の違いもありますが、アニメファンも確実に楽しめる内容になっています。

コメント