杉山兄弟愛用シャボン玉液の作り方! シャボン玉ショーや二人の学歴について

エンタメ

杉山兄弟は、兄の杉山弘之(すぎやま ひろゆき)さん、弟の杉山輝行(すぎやま てるゆき)さんで構成される2人組のシャボン玉アーティストです。

今回は杉山兄弟が愛用するシャボン玉液の作り方や、シャボン玉ショーの料金、学歴や結婚しているのかどうか、誕生日や年齢について調べてみました。

スポンサーリンク

杉山兄弟愛用のシャボン玉液の作り方

杉山兄弟が愛用するシャボン液は、作り方が公開されています。

材料は精製水1L、液体せっけん(食器用洗剤)300ml、粉末ゼラチン5g、ガムシロップ10ml。

鍋に入れた精製水を沸騰しない程度に火にかけ、粉末ゼラチンを混ぜて20分ほどかき混ぜ、水にとろみをつけます。

その後、液体せっけん(食器用洗剤)を入れるとシャボン液は完成ですが、さらにガムシロップを入れることで割れにくくなるそうです。

最後に鍋の火を切って、1時間ほどゆっくり冷ますことで、杉山兄弟愛用のシャボン液が完成します。

スポンサーリンク

世界で活躍する杉山兄弟のシャボン玉ショー

杉山兄弟は世界で初めてシャボン玉ショーを披露

世界で初めてシャボン玉をメインとしたショーを披露したのが、杉山兄弟です。

今となってはライブや舞台でよく見るシャボン玉の演出も、この杉山兄弟が最初に初めたと言われています。

杉山兄弟のシャボン玉ショーの料金

杉山兄弟は現在も、シャボン玉ショーの公演依頼を受けつけていて、最近は幼稚園等を中心に活動しています。

過去の公演では出演料が280,000円、事務手数料20,000円の合計300,000円で依頼を受けていたようです。

杉山兄弟の学歴について

杉山兄弟の詳細な出身学校などは明かされていませんが、二人とも大学までは進学しています。

しかし、小学生でシャボン玉に出会って以来、その熱は冷めることなく学生の時もシャボン玉作りに励んでいたそうです。

特に弟の輝行さんは、大学卒業後もアルバイトをしながらシャボン玉の研究に夢中でした。

兄の弘之さんは、大学卒業後は大手自動車メーカーに就職したものの、入社4年目で退職し、弟と一緒にシャボン玉の会社「杉山プロモーションリミテッドカンパニー」を立ち上げました。

杉山兄弟は結婚しているの?

杉山兄弟が結婚しているかどうかは、公表していないようです。

ただし二人の公式ブログでは、飼っている犬の写真に家族と思わしき方が写っています。

もし結婚しているとすれば、お子さん・お孫さんまでいるかもしれませんね。

また飼っている犬はスピッツや柴犬など複数いるので、家族で育てていたかもしれません。

杉山兄弟の誕生日はいつ?年齢は?

杉山兄弟それぞれの誕生日について調べてみましたが、公表されていないようです。

年齢は兄の弘之さんが73歳、弟の輝行さんが71歳と、年齢差は2歳で、どちらも長寿です。

シャボン玉を研究し始めて50年以上のうえ、初めてシャボン玉に触れたのは小学校低学年の頃だそうですから、もう60年以上はシャボン玉の道を進んでいることになります。

さいごに


古希を迎えても、引退することなく活動を続ける杉山兄弟。

興味がある方は、杉山兄弟のオフィシャルサイトを見てみてはいかがでしょうか?

ほかのおすすめ記事はこちらです。あわせてどうぞ!

ロシアン佐藤が太らない原因は?世界仰天ニュースで明らかにされた真相

芳根京子がかわいい&スタイルいい&細すぎ&顔小さいと評判!年齢や旦那等も

コメント