Stardew Valley ルアウとクラゲのうきうきイベント【1年目・夏】

Stardew Valley

夏はビーチで開催されるイベントが2つあり、どちらも逃せないのでばっちり参加してきました。陽と陰の雰囲気の対照的な催し物ですが、両方とも楽しめるイベントなのでご紹介します。

スポンサーリンク

Stardew Valley「ルアウパーティー」で持ち寄りスープを楽しむ

ひとつめは夏11日開催の「ルアウパーティー」で、午前9時から午後2時までの間にビーチへ入るとイベントが始まります。

これはみんなが持ち寄った食材で作るスープを、ゲストの州知事が試食するというイベントです。プレイヤーが入れる食材によって知事のリアクションが異なり、反応は全部で6パターン用意されています。

知事の反応は住人との友好度にも影響するようなので、今回は農場謹製のカリフラワー(ゴールド品質)を惜しまずお鍋にぶち込みました。何も入れないという選択もでき、その時は友好度に変化はありません。

あまり味の主張が強くないカリフラワーですが、きっと他のみんなが美味いモノを入れてくれたのでしょう…知事も満足、ルイス町長も一安心で無事にパーティーを終えることができました。友好度も120ポイントアップです。やったね!

スポンサーリンク

Stardew Valley 持ち寄りスープに何を入れる?オススメ食材は?

スープの鍋には、調理していない食べられるものを入れることができます。樹液や赤キノコなど、食べるとエナジーが減る食材を入れると、知事が気絶し最悪の評価になるので注意が必要です。

高評価を得るためには、ゴールドやイリジウムなどのできるだけ高品質のものや、値段が高いものを選ぶと良いようです。1年目に手に入れやすいアイテムとしては、カリフラワーがオススメです。

もし夏の3日目に起こるクエストで入手していれば、ルイス町長の「むらさきパンツ」を鍋に入れることができます。色々と人間性が試されるところではありますが、良いお出汁が出そう?なので気になる方はトライしてみてください。

「ゲッコウクラゲのダンス」で疲れを癒す

そしてふたつめのイベントは、28日開催の「ゲッコウクラゲのダンス」で、午後10時から午前0時の間にビーチへ行くと始まります。

こちらは明るくエネルギッシュなルアウパーティーとは違い、夜のビーチで珍しいクラゲをゆったり楽しもう、というものです。

入手できるアイテムや、友好度に関わる出来事はありませんが、キャンドルが灯る幻想的な雰囲気の中、住人たちと会話できます。

ビーチには船がロープで括りつけられており、準備ができたらルイス町長に話しかけて船を海へ出します。それにつられて集まるクラゲが非常に綺麗なので、一見の価値ありですよ!中には貴重な緑色のクラゲもいるんだとか…。

ふわふわと漂うクラゲを見ていると、しばしの間日々の悩みも忘れて癒やされますね。クラゲのおつまみはコリコリとした食感がおいしいですが、きっと生で見るゲッコウクラゲは食べるのがもったいないくらいキレイなんでしょうね~。

クラゲも実に様々な種類がありますよね。ちょっぴりグロテスクなものから可愛らしいものまで沢山あるのが面白いです!でもデリケートですぐ死んじゃうみたいです(´;ω;`)

さいごに

夏も終わりになったせいか、日本でいうところのお盆と似たような、ほぁ〜っとした気持ちになりました。秋も楽しいことがいっぱいあるといいなぁ…。

他にも、季節のイベントや効率の良いダンジョン攻略法について書いた記事がありますので、よければ見てみてくださいね♪

【過去の記事】

Stardew Valley 農場生活、始めちゃいました。

Stardew Valley 新生活のはじまりは空腹から【1年目・春】

Stardew Valley ネコ付き合い&人付き合い【1年目・春】

Stardew Valley 花と野菜とカラスとカカシ【1年目・春】

Stardew Valley エッグフェスティバルとフラワーダンスで洗礼を受ける【1年目・春】

Stardew Valley 夏の畑とプレゼント【1年目・夏】

Stardew Valley 幸運を味方につけるダンジョン攻略のススメ【1年目・夏】

Stardew Valley ツイてない日の過ごし方【1年目・夏】

コメント