ペルセウス座流星群2020!流星が最も見られる極大期、見える場所や方角は

生活情報

ペルセウス座流星群は、毎年夏、8月中旬頃に見られる流星群です。2020年は出現時期が7月17日から8月24日となっています。

今回は、そんなペルセウス流星群を楽しむため、流星群が見られる方角、場所、流星が最も見られる極大期に関する情報を集めてみました。

スポンサーリンク

ペルセウス流星群が見られる方角と時間

引用元:ウェザーニュース

北東の夜空にあるペルセウス座の近く、「放射点」と呼ばれる場所があります。実は流れ星は一箇所だけでなく夜空全体に渡って、四方八方の方角に駆け抜けていきます。

月の光が届かない、暗さの中で目を凝らしながら、できるだけ夜空の広い範囲を見てみるといいそうです。

流星群は午後9時ごろから姿が見え始め、真夜中から明け方にかけて数を増やしながら現れるそうです。

スポンサーリンク

ペルセウス流星群が見える場所って?

引用元:ウェザーニューズ

ずばり、星がよく見える暗い場所です。移動も場所の確保も安全にできるなら、街明かりの薄い、郊外の暗い場所から観測する人もいるそうです。

8月24日頃までは夜空の流星群が楽しめるということで、安心された方もいらっしゃると思います。

東北北部では梅雨明け宣言が出されずに、天気の不安定な日々の中、流星群を迎えることになりそうですね。

ペルセウス流星群がたくさん見られる2020年の極大期って?

極大期は、照明のない暗いところでなら、1時間につき約40個程度の流星群が見られます。2020年の極大期は8月13日です。

ペルセウス座流星群の出現時期は、7月17日から8月24日頃です。流星の数が増えるのは8月の中旬からということです。

地域によってはみられない可能性もありますが、ペルセウス流星群を少しでも楽しんでいただければ幸いです。

コメント