推し活に疲れた・辛い!お金がない人のためのお金をかけない推し活

エンタメ

推し活にのめりこんだ結果、様々な理由で推し活に疲れてしまったという人がいます。

今回は推し活に疲れたり、辛いと思ったりする理由や、お金がない人のためのお金をかけない推し活や、推し活のための貯金方法について調べてみました。

スポンサーリンク

推し活に疲れたその理由とは?

推し活に疲れる理由に共通するのは、精神的な疲労であるということです。

推し活に義務感を覚えたり、推し活によってつながった人たちとの人間関係に疲れてしまったり、推しを追うことにまっすぐでいられなくなったタイミングで、推し活をやめてしまうという人も。

「推し疲れ」という言葉もあり、推しや推し活へのモチベーションが薄れてしまう時期は「冷め期」と呼ばれるそうです。

推し疲れは、精神状態が不安定になるほど推し活に夢中になっていたことの表れでもあり、自分の生活を見つめ直すいい機会でもあります。

スポンサーリンク

推し活が辛いのはなぜ?

疲れていなくても、推し活を続けるのが辛いと思ってしまう瞬間もあります。

他人と自分の推し活を比べてしまい、その差につい嫉妬してしまうことも少なくありません。

そして他人を基準にした推し活をしようとお金や時間をつぎ込んだ結果、どんどん辛くなってしまう負のスパイラルに陥ってしまうのです。

推し活・推しへの愛は、誰かと比較するものではなく、自分のペースでやるものということを忘れないでおきましょう。

推し活でお金がない人はどうしたらいいの?

推し活に疲れる理由には、推し活をしすぎてお金がなくなったこともあげられます。

コンサートや舞台に行くための旅費や、グッズの購入など、推し活に出費はつきものです。

お金をかけなければ推し活にならない、ファンとは呼べないという自責の念から、出費がエスカレートしてしまうケースは少なくありません。


推し活にのめり込み散財するあまり、金銭トラブルに発展しまった例もあるため、節度を守ったお金のかけ方と、自分がいくら推し活にかけているのか把握することが必要です。

これから具体的な対策を紹介しますので、確認していきましょう。

推し活をお金かけないでやる方法


推し活で大事なのは、かける金額ではなく愛の大きさということで、お金をかけずに推しを応援する人たちはたくさんいます。

推し活をするひとの10人に1人が、お金をかけずに推し活を楽しんでいるようです。

また無料で見られる配信を見たり、推しが出演するドラマや映画をテレビで見るなど、遠征に行かないだけで推し活の出費はかなり抑えることができます。

SNSの推しの投稿や、関連するハッシュタグを見たり、そのことについて推し活仲間とコミュニケーションを取ったり、推しを応援する方法はお金をかけるものに限らないのです。

推し活のための貯金!オススメ節約術


推し活に疲れないためにも、推しにかけるお金を貯金するための節約術を紹介します。

最も簡単なのは生活費の見直しで、アプリなどを使って家計簿をつけることです。

遠征のための交通機関や宿泊施設もリーズナブルなものを選ぶと良く、最近はカプセルホテルも綺麗で安全な場所が増えています。

また100円ショップのセリアは「推し貯金箱」という商品を販売しており、推しのカードやチェキを挟むことで、推し貯金専用の貯金箱を作ることもできます。

さいごに

推し活に疲れてしまったときは、一度推しから離れてみるのも選択の一つです。

自分のペースで応援することが、推し活が長続きする秘訣ではないでしょうか。

他のおすすめ記事はこちらです。あわせてどうぞ↓

推し活のメリット・デメリットまとめ!若返り・美容に良い理由とは?

コメント