NIKE SNKRSの3種の販売方式と有効な買い方

ファッション

NIKE SNKRSで実装されている3種の販売方式とそれぞれに対する有効な買い方を紹介します。

スポンサーリンク

NIKE SNKRSアプリの使い勝手、販売サイトと人気商品

スニーカーで有名なブランドであるNIKEでは専用の販売サービスである「NIKE SNKRS」が用意されています。WEBブラウザとアプリの2種類があり、どちらか片方でしか出さない商品もあるようです。

NIKE SNKRSサイト
https://www.nike.com/jp/launch

NIKE SNKRSアプリ紹介ページ(iOS、Android版)
https://www.nike.com/jp/snkrs-app

アプリを使うとしたらiOS版のほうが使い勝手はよさそうですが、Android版は現時点において使い勝手が悪いという評価が目立ちます。

NIKE SNKRSは通常のショッピングサイトと異なる販売の仕組みがあります。NIKEのスニーカーは人気であり入手するのが非常に困難なものも出てきます。

さらに、BOTの横行により入手難度は跳ね上がっているため、人気商品を入手するには時の運とそこそこの手段が必要です。

スポンサーリンク

NIKE SNKRS販売方式

販売方式は以下の3形式があります。なお、名称は非公式なものであり、NIKEサイトには登場しません。

・FLOW 先着順に購入者が決まるシステム
・LEO 先着順に購入可否を抽選していくシステム
・DAN 一定の時間を設ける完全抽選のシステム

英語圏ではDANのことをDraw(抽選)、FLOWのことをFirst Come,First Serve(来た順に供する)の頭文字でFCFS、LEOを略さずにLet Everyone Orderということもあるようです。
当然のように、販売方式が変わると有効な手段も変わってきます。

販売方式1.FLOW(FCFS)

この方式は先着順で購入できるシステムです。
一般スニーカーで、さらにプレミアム値にならないようなものがこの形式となります。
他のショッピングサイトでの買い物とほぼ同じ形式だと思います。
ということで早く手続きできると在庫が残っている可能性、すなわち購入できる可能性が上がるといえます。

販売方式2.LEO(Let Everyone Order)

NIKE SNKRSで適用されることが最も多い方式です。

購入手続きをすると「順番待ち」と表示された場合、FLOW方式でもありえますがこの方式である可能性が高いです。

時間を決めて抽選を受付、というわけではなく、エントリーされた順に(在庫がある限り)抽選をしていく、というような形式のようです。

ということで早くエントリーできれば購入確率が上がるのでがんばりましょう。そのためには以下の準備が重要です。

・事前にマイサイズを設定しておく。
・エントリーは9時ちょうど(一部商品は10時ちょうどになることがある)から始まるのでこのときに操作開始できるようにする。

人気度にもよりますが、受付開始して数十秒~3分程度で抽選対象外になるようです。

販売方式3.DAN(Draw)

長い時間(5~30分)を設ける完全抽選のシステムです。

コラボ商品など非常に人気が高いものがこの方式になるようです。アイテムページ内にカウントダウンタイマーが表示されているものがこれにあたります。

時間内にエントリーしたアカウントから等しく抽選しますので、複数アカウントでエントリーすることで購入確率を上げられることになります。

やり方は多くの人が提示しており、探せばいくつかみつかるはずです。

ただし、この方法は利用規約の「基本ルール」にある「登録のルール」に反する場合が多いのでBOT対策の必要悪であると割り切れる人だけにしましょう。

最後に

今回はNIKE SNKRSでの販売方法と有効な買い方について記述しました。

ただ確実に言えることは、「確実に購入できる手段は存在しない」ということです。アプリにしろWEBにしろ最後は運に頼ることになるでしょう。

他にSNKRSで抽選応募の確率を上げるbot勢に負けないやり方も紹介しているので参考にしてみてください。

SNKRS関連のその他の記事はこちらです。

スニーカーズ(SNKRS)リストックでの購入方法は?買えない方には通知アプリがおすすめ

初心者には難しい?SNKRS(スニーカーズ)でTSBを使うまでの4つのハードル

コメント