マスクコードの使い方にメンズ用、手作り品などについて

マスク

新しい生活様式を迎えて、2021年に流行すると予想されている注目のアイテムがマスクコードと呼ばれるものです。

まだまだなじみの少なく、様々な呼び名があるマスクコードですが、今回はその使い方にメンズ用の品、個性的で様々な手作りの物などについてを調べてみました。

スポンサーリンク

マスクコードの使い方

マスクコードの使い方は簡単で、マスクの左右の紐をそれぞれマスクコードの左右の先端にあるカラビナ等で固定し、マスクを外している時は首から下げるというものです。

マスクを着用する際にはマスクコードをつけたまま可能で、使用していない時にはネックレスのように着用して携帯することができます。

 

コードの長さは調整可能なものもあり、折り畳んでポケットに入れるより衛生的ということでや、マスクを無くしがちな子供用としても期待をされ流行の兆しを見せています。

様々な呼び名があるマスクコード

マスクコードはまだまだ認識されているとはいい難く、マスクストラップやマスクチェーンなどの異なった呼ばれ方もあり正式な呼び名は定着していないようです。

 

マスクストラップと呼ばれるものの中には、首の後ろでマスクの左右の紐に引っ掛けて固定し、耳に掛けることなくマスクを着用できる商品も存在しています。

こちらは主にマスクをピッタリとフィットさせることが目的で、耳の裏が痛くならないことやイヤホンのコードなどと絡まるのを防ぐ利点があります。

スポンサーリンク

マスクコードのメンズ用

マスクコードはメンズ用としても数多くあり、機能的なものなので不自然さがなく、顔周りの装飾品にもなるため、ファッション性についても選ぶポイントになっているようです。

 

メンズ用ということであまり主張をし過ぎないものが好まれるようで、材質もレザーやシルバーなど奇抜過ぎない落ち着いたものが多いようです。

マスクに関しては既にブランドの色を出したものを販売しているところもあり、今後マスクコードも製作するところも増えるのではないでしょうか。

マスクコードの手作り方法

マスクコードは手作りしている人も多く、多彩な材料を百均でも簡単にそろえることができ、材質もビーズやチェーンなど様々なものから選ぶこともできるようです。

メガネストラップや帽子ストラップなど、百均では小物を固定するストラップが意外に多くあり、そのまま使ったり固定具や装飾を足して使用している人も多いようです。

簡単なものでは糸にビーズを通した物や、ハンドクリップという布に持ち手をつけるようなもの、カニカン付きストラップなど材料も様々な中から選べます。

見た目も個性で様々

作りやすさや、見た目など材料や制作方法によって様々なものありますが、個人の好みが反映されて自分だけの個性が出せることが人気のようです。

最初は効果を疑問視していても、衛生面や見た目がおかしくないなど、一度使ってみると手放せなくなるのがマスクコードのようです

有名ブランドの物や、手ごろな価格の物も増えてきているようで、まさに2021年の注目のアイテムとなっていきそうです。

コメント