森会長(森喜朗元総理)の後任候補は?抗議と擁護の声など

生活情報

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森会長(森喜朗元総理)が3日のJOCの臨時評議員会で女性蔑視の発言があったと問題になり、2月12日に辞任を表明しました。

そんな森会長の後任候補についてや、発言内容の問題、切り取られたとされる意見や、女性からの意見に、抗議や擁護する意見、過去の発言集を調べて見ました。

スポンサーリンク

森会長が発言の問題で辞任後の後任候補は?

後任候補としては森会長からの打診を受けたJリーグの元チェアマン川淵三郎氏となるとみられましたが、問題で辞めた人の推薦ということや、手順を踏まずに密室で決めたとの批判を受けて川淵氏は辞退しました。

今回の問題の性質から女性、アスリート出身者などが取りざたされ、橋本聖子五輪担当相や小谷美香子さん、初代スポーツ庁長官の鈴木大地さんや、室伏広治さんなどの名前が挙がっています

後任には安倍元総理の名前やJOC山下会長の兼任、男女の共同代表などの声もあり、先は全く見通せない様子で、組織委員会はまずは候補者検討委員会が立ち上げて透明性の高いプロセスで選任するとしています。

スポンサーリンク

森会長の発言内容

この森会長の発言内容の中で、女性がたくさん入ると時間が掛かる、私どもの組織委員会の女性はわきまえておられる、といったものが女性蔑視だとして問題となりました。

森会長は辞任を求められたらいつでも辞めるとしながらも、周辺から余人をもって変えがたいと慰留されたとして、当初は辞任を否定し続投の意向を示していました。

森会長の発言に抗議の署名が

森会長は批判を受け発言の撤回と謝罪会見を開きましたが、会見での態度が批判を呼び、火に油を注ぐ形となって抗議と辞任を求める署名が集まりました。

抗議の署名は10万人を超え15万人に迫り、オリンピックの大会ボランティアの辞退も相次いで、その件に関した政府の二階幹事長の発言もまた問題となりました。

森会長の発言に女性の反応は

森会長の発言はその性質上のため女性からの批判が多く、テニスの大阪なおみ選手をはじめとする女性アスリートからも多く寄せられました。

海外でも当初IOCが謝罪会見で決着としていましたが、アスリート出身のIOC委員やEUの女性議員が批判し、大きな問題となり、IOC、スポンサー企業なども批判に転じました。

森会長の発言への擁護

森会長の発言を擁護する声も少なからずあり、発言は許せないが個人への一斉攻撃の現状はいきすぎではないかとの声も上がりました。

デーブスペクターさんはこの状況が冷静ではなくなっているとして、「中止したいのか、早く森さんだけ辞めさせたいのか、ちょっとわからない」とコメントしました。

舛添要一氏は都議選や衆院選のために発言が利用されたと分析、これまで森に失言がなかったわけではなくこのタイミングでの騒動に他の意図を感じる人もいるようです。

森会長の発言は切り取りされたために問題に?

この森会長の発言が問題視されたのは発言の一部を切り取り、印象を強めた報道がなされたためだとする意見もあります。

全文を読めば女性蔑視の発言ではないとする人も、全文を呼んでもアウトだとする人もおり、日本でのジェンダーや差別といった問題に関してはまだまだ未成熟で難しいようです。

森会長も辞任会見の中で「意図的な報道があり、女性蔑視と言われた」と解釈の問題だと怒りをにじませたコメントをしました。

森会長の過去の発言も

海外では森会長の過去の発言も取り上げられて、総理時代から失言が多い人物だったとの報道で、五輪関係でも聖火到着時の記念式典で、自衛隊松島基地を空軍基地、宮城県を宮崎県と言い間違えたことがありました。

その前日のギリシャでの聖火の引継ぎ式に寄せていた、ビデオメッセージでも宮城県を宮崎県と言い間違えていたため、関係者も苦笑いするしかない様子となりました。

英語訳のテロップでは正しく表示されていましたが、ビデオメッセージにもかかわらず全く直されなかったことは、森会長に間違いを指摘できる人ががいないのではとの懸念もささやかれました。

森会長の発言集、女性蔑視も

森会長の過去の発言集の中には、政教分離に反するとされた「神の国」発言や、「無党派層は寝ててくれればいい」との発言などがありました。

えひめ丸衝突事故の際は、一報を受けた後もゴルフを続け、「私が行かない事で何が遅れたのか」との発言は退陣の一因になり、傲慢で上から目線のイメージが批判を呼ぶようです。

過去にも女性軽視、スポーツ関連でも

過去にも「女性は視野が狭い」や「子供一人作らない女性を年取って税金で面倒見なさいというのはおかしい」との女性蔑視発言がありました。

スポーツでも浅田真央さんについて、「あの子は大事な時に必ず転ぶ」との発言ではアスリートにリスペクトがないと批判されました。

どのような状況であろうと五輪は必ず開催するといった趣旨の発言や、聖火リレーで「有名人は田んぼを走ってもらえばいい」といった最近の情勢に関するものもあって、今回の件で噴出した形です。

最近の社会情勢で延期や中止の声もある中、誰が選ばれるのかはわかりませんが、問題の収束と新会長のリーダーシップに期待したいと思います。

他にも最近話題の河野太郎さんの記事などもありますのでよければご覧ください。

コメント