モンスターハンターワールド・アイスボーン ブラキディオスとラージャンの氷抜刀大剣装備と戦い方

モンスターハンターワールド アイスボーン

モンスターハンターワールド・アイスボーンで、いよいよ「猛り爆ぜるブラキディオス」と「激昂したラージャン」が3月23日(月)の9:00に配信です。この2体に向けての対策として、抜刀大剣を作成し直して挑む事にしました。中々戦い易いものになっているいるので紹介していきたいと思います。
今回はブラキに注目を置いていきます。

スポンサーリンク

抜刀大剣を選ぶ理由

ブラキは原種と比べて動きが遅いが、一撃が痛いと見ていて立て直しがしやすい、またラージャンは素早い上に即死がありそうなので、どちらも一撃離脱の出来る抜刀大剣で挑む事にしました。

通常個体相手にはなりますが、どちらのモンスターに関しても抜刀大剣は相性が良いです。

どちらも氷属性が有効ですので、ムフェトの氷大剣を使用しています。

スポンサーリンク

ラージャンより手強そうなブラキから攻略したい。

ラージャンに関しては、今までのシリーズで何度もやってきたという点もあり、後回しとして考えております。
初見はきつそうですが、慣れると戦いやすそうと見ています。

ブラキに関しては、とにかく反撃からの攻撃や爆破ダメージが強烈な上に、通常個体より1回り、2回り大きいという点から、非常に攻撃が当て難く戦いづらそうですので、先にこちらを攻略してみたいと思い、装備や戦い方等を考えてみました。

私の作成した抜刀大剣の装備紹介

武器にシリーズスキルを採用する事によりスキルの幅を広げるスタイルを取っています。
覚醒能力は達人芸が無いので、切れ味ゲージを優先しています。

耐震1では無効化出来ないかもしれませんが採用しています。
耳栓もですが快適、安全スキルになります。

滑空の装衣・改は効果時間が180秒で、再使用時間が120秒とスロLv4が2つ
と非常に使いやすいものです。
後に記述しますが、この装衣を利用して乗りもガンガン狙っていきます。
食事スキルである、「ネコの乗り上手」を発動させると便利ですね。
お食事券を使用して、食材の赤4つを選択すると確定で発動出来ます。

装衣にはすべて投石Lv1と体力回復量UPLv1を入れています。
投石を入れた理由として、大剣はクラッチ攻撃でスリンガー弾を落とさない為、ぶっ飛ばし用に少しでも節約になればと思い、採用しています。
この辺は好みで良いかと思います。

滑空の装衣には状態異常や火やられにかかるのを見越して災禍転福を入れています。
スキルでは付けるのが難しかったので、この様にしました。

戦い方はどのように

まずは近づいたら滑空の装衣を来て、石ころなり拾います。
その後は非怒り状態ではぶっ飛ばしを狙い、ダウン中に攻撃を叩き込みます。
この段階では、できれば2回ぶっ飛ばしを当てたいですね。

早い段階で怒り状態に移行すると思われますので、ここでクラッチから離脱ジャンプ溜め攻撃をひたすら当て続け、乗りを狙い、ダウン中に攻撃という手段を取ります。
1回の装衣時間で2〜3回乗れるとベストですね。

装衣が切れたら、頃合いを見て転身の装衣を利用し、再度滑空の装衣が再使用可能になるまで凌ぎます。

以降は繰り返しで、罠等を利用して狩猟達成に向かいます。

各部位を狙うのは、ダウン中や罠中に集中した方が良いでしょう。

他にMHWIの記事、モンスターハンターワールド・アイスボーン 榴弾チャアクの超高出力ぶっぱで遊びたいもありますので合わせてご覧ください。

その他のMHWIの関連記事はこちらです↓
近接武器で攻撃する?ライトボウガンの斬裂弾で楽々尻尾切断をしよう
獣人観測記録の意外なトロフィー取得方法
3月アプデの2体の特殊個体について
モンスターハンターワールド・アイスボーン 狩猟笛解禁!?

本戦でのブラキはどうか

原種と比べて、行動が遅い代わりに一撃がでかいと思われるので、この点だけ考えれば攻撃のチャンスは原種よりかはあるのかと思います。

ですが、爆破蓄積や特大範囲の大技の事を考えると原種で予行練習した所で。。。という感じです。
各耐久力も不明ですし、歴戦ブラキでやっみていますがこの様にサクサクとはいかないでしょう。

ともあれ、今まで苦手でどの武器で戦ったら良いか見出せなかった中で、良い装備が作成できたかなと思っています。

これからもアレンジを加えて使用していきたいと考えています。

他にモンスターハンターワールド・アイスボーン 面白い?楽しい?爆破弓装備の紹介と現実の記事もありますので合わせてご覧ください。

他のMHWI関連記事はこちらです↓
ヘヴィボウガンでも徹甲榴弾を撃って!最新装備とスキルの組み合わせ
熱撃ヘヴィの使い道。傷つけ快適な抜刀ヘヴィで遊ぼう!
砲撃ガンランスで大霊脈玉を獲得する。 VS歴戦ネルギガンテ

コメント