マンダロリアンとは?スターウォーズ時系列と評価、ボバフェットとの関係について

starwars
スポンサーリンク

マンダロリアンとは

マンダロリアンとはディズニーが制作配信しているスターウォーズ初の実写ドラマシリーズ、もしくはそれらスターウォーズの映画、ドラマ、アニメ作品に登場する、惑星マンダロアを中心として活動する金属製のヘルメットや装甲を身にまとった賞金稼ぎを職業とする戦士部族、ガンファイター、傭兵、戦士のことを言います。

スポンサーリンク

実写ドラママンダロリアンの時系列について

実写ドラママンダロリアンの時代はスターウォーズの時系列でいうと、『ジェダイの帰還』から5年後からはじまります。ジェダイの帰還(ジェダイの復讐)における銀河帝国の崩壊からフォースの覚醒で登場するファースト・オーダーの出現の間になります。

ドラママンダロリアンとボバフェットの関連性

見た目がボバフェットを彷彿とさせるため、主人公のマンドーとの関連性が気になるところですが、時代や立場、立ち位置的なものが違うので、直接的な関連はないと思われます。その前のジェダイの復讐でボバフェットは砂の惑星タトゥーインのアリジゴクのような生物サルラックに落とされ死んだとされていますので、今後マンダロリアンに登場する可能性は極めて低いと思われます。

ドラママンダロリアンの日本や海外での評価

スターウォーズの作品群で最初の実写ドラマシリーズとなったマンダロリアンですが海外や日本でも評価は高いようです。メインストーリーともいえる映画のエピソード7「フォースの覚醒」、8「最後のジェダイ」、9「スカイウォーカーの夜明け」がいまいち盛り上がりに欠けていましたが、それを払拭するほどの高評価になっているのも面白いです。

フォースの覚醒から続いていた映画シリーズは3部作というのは決まっていましたが、その3つの作品で語られる大まかなストーリーは決まっておらず、行き当たりばったりで政策がすすめられていったという話はファンの間でも賛否が分かれる結果になっていました。

それとは対照的にドラマのマンダロリアンは、ストーリーの運び方、舞台になる星やシチュエーション、登場するキャラクターやビークル(乗り物)の描き方が、1話1話観ていくと。かなりしっかりとした設計がなされている印象があります。

スターウォーズファンが見たかったシーンやキャラクター、アクションが毎回登場して、それらがとてもよくまとまっている印象があります。続三部作の映画シリーズと違いそれほど製作費はかかっていないかとは思いますが、スターウォーズを好きな人が観たかったシーンが数多く出てくる本当に好感が持てるシリーズになっているところが高い評価を得ているのかもしれません。

こちらのスターウォーズ関連記事も公開中です。
スカイウォーカーの夜明け 宇宙船やビークル(戦闘機、乗り物)のデザイン、戦闘シーン批評

コメント