抹茶マシンcuzen matcha日本上陸!値段は?購入方法は?

生活情報

自宅で簡単に抹茶を楽しめる抹茶マシンが現在話題となっていて、アメリカで先行発売され人気が沸騰中となっていたcuzen matchaが先ごろ遂に日本にも上陸しました。

今回は現在注目の人気ブランドcuzen matchaの抹茶マシンの購入方法や値段、様々なMATCHA クラウドファンディングについて調べていってみたいと思います。

スポンサーリンク

cuzen matchaの抹茶マシンを購入するには?

茶葉を挽いて抹茶を作り、本格的な挽きたてのお茶を楽しめるcuzen matchaの抹茶マシンのスターターセットや抹茶リーフ、交換用の部品などは、製造販売するWorld Matcha社のサイトでも購入することができます。

World Matcha社のサイトからは定期購入も申し込むことができ、毎月または2ヶ月毎の定期で、種類、グラム数、本数を自由に選んで申し込めますが、支払いはクレジットカードもしくはPayPalのみになります。

税込みで3300円の注文からは送料が無料となっています。

スポンサーリンク

cuzen matcha(空禅抹茶)の歴史

cuzen matcha(空禅抹茶)を世に出したWorld Matcha社は、飲料メーカーのサントリーで「伊右衛門特茶」や「DAKARA」といった飲料をプロデュースし、ヒットさせた塚田英次郎さんによって設立されました。

ペットボトルのお茶に長く携わってきた塚田さんが、茶葉本来の味わいを提案したいと社内ベンチャーでサンフランシスコに抹茶カフェStonemill Matchaをオープン、成功に手応えを感じサントリーを退職後World Matcha社を設立しました。

cuzen matchaは漢字のとおり禅のイメージで作られ、茶室の円窓と茶筒をイメージしたマシンのデザインにも注目が集まり、世界3大デザイン賞のifデザインアワードなど数々の賞も受賞しています。

抹茶のカフェインなど成分や栄養素は

コーヒーの過剰摂取によるカフェイン中毒が問題となり、抹茶にもカフェインは含まれますが、栄養素のテアニンにはカフェインの摂取を穏やかにする効果もあり代替物として抹茶が注目されました。

その事もあってアメリカでは5・6年ほど前から抹茶の人気が高まっており、テアニンには抗酸化作用や肥満防止の効果があることから健康志向の人々から支持されました。
よく知られているカテキンやビタミンCの他に抗酸化作用や食物繊維も豊富です。

反面やはり飲み過ぎには注意が必要で、過剰摂取で貧血のリスクが増えたり、妊婦さんなども注意が必要とのこともあり、1日10杯程度が摂取の限度だそうです。

cuzen matchaの抹茶マシン、気になるお値段は?

2021年7月に日本でも発売が開始されたcuzen matchaの抹茶マシンはオリジナルレシピブックと2種類の専用茶葉がそれぞれ20杯分ついたスターターセットが税込み33,000円で販売されています。

機会にセットする専用の抹茶リーフが、1番茶葉のみを使用し旨味が優れていて、ストレートなどで飲むのに適したPremium(プレミアム)が20グラム3000円、60グラムで7500円となっています。

1番、2番茶葉をブレンドして程よい苦味があるラテなどに適した、Signature(シグナチャ)が20グラム2000円、60グラムで4500円で販売されており、どちらの茶葉・グラム数も定期購入では15%引きになります。

どちらの茶葉もオーガニック栽培された国産茶葉で、cuzen matchaの抹茶マシンで濃さレベル1の区分で抽出すると1グラムで1杯分位になるようです。

抹茶マシンを含め数々展開されるMATCHA クラウドファンディング

World Matcha社は世界最大級とされるkickstarterで、発売前にMATCHAクラウドファンディングを行いました。

当初はアメリカでの先行発売だったため、日本でcuzen matchaを手に入れるチャンスでもあったことからか、開始2ヶ月ほどで資金調達率235%という大成功でした。

現在抹茶はその健康への効果から注目され、高品質なものを提供するためや、日本の茶を世界に向けてアピールしたいなど、様々なMATCHA クラウドファンディングが展開されています。

確立される抹茶エスプレッソマシンというカテゴリー

cuzen matchaのヒットで注目が集まったことで抹茶マシンは、抹茶エスプレッソマシンというカテゴリが広く認知されました。

抹茶はコーヒーのドリップマシンでのフレーバーの一つであることが多かったのですが、シャープは2014年に茶葉を挽いて抽出する「ヘルシオお茶プレッソ」を発売しています。

こちらも挽く、沸かす、点てるの工程で本格的な抹茶を作ることの出来る機械で、臼の技術はcuzen matchaにも提供されたそうで、機能の異なる数機種あり、値段は10000円ほどからあるようです。

テアニンを始めとした様々な栄養素が取れることから健康面でも、ブームの兆しを見せる抹茶、本格的な抹茶を家庭で楽しめる抹茶マシンを、皆案も一度試してみてはいかがでしょうか。

その他の飲料系のおすすめ記事はこちら↓↓

無糖炭酸飲料のレモンフレーバーが人気の理由とレモン炭酸水の作り方

コメント