岸田文雄はいい人止まりな性格?夫人・子供や英語力と政策も

生活情報

2021年9月の自民党総裁選に勝利し、第100代の首相になる岸田文雄氏。

かねてから政治家としては「いい人」止まりだったという岸田氏とは、いったいどのような人物なのでしょうか。

この記事では、岸田文雄氏の「いい人」止まりとも言われた性格や、岸田氏を支える夫人・子供たちのこと、また、岸田氏の英語力と外相時代の政策の評価と今後の政策について紹介します。

スポンサーリンク

岸田文雄は「いい人」止まり?性格は生真面目でコツコツと取り組むタイプ

岸田文雄は政治家としては「いい人」止まりだった?

 

View this post on Instagram

 

岸田文雄(@fumio_kishida)がシェアした投稿


岸田文雄氏は、祖父も父も衆院議員という3世議員です。

世襲議員であるからか、いわば「政治家らしい」政治家で、あまり積極的には周囲と対立しようとしない政治スタイルの人物だとされています。

「聞く力」があると言えば聞こえはよいですが、しかし、悪く言えば、政治家としては「いい人」止まりになりがちだったということでもあります。

実際、その性格がわざわいした昨年の総裁選敗北後には、「岸田は(政治家としてはこれで)もう終わり」くらいに言われていました。

岸田文雄は生真面目な性格!筋トレにもコツコツと取り組むタイプ

今回の総裁選の結果を受けては、岸田文雄氏のこれまでの地道な活動を知っている後援者らから、祝福の声が聞かれています。

後援者などの話によれば、岸田氏はプライベートでは生真面目な性格で、何事にもコツコツと取り組むタイプなのだそう。

たとえば、普段から筋トレしたりして健康維持に努めているらしく、長年岸田氏のスーツを仕立てる人の話では、最初に出会ったころと体型がほとんど変わっていないのだとか。

また、本人のツイートによると『鬼滅の刃』を全巻読破したそうで、好きなキャラは猗窩座(あかざ)だと、劇場版アニメにも登場した武闘派の強敵の名前を挙げています。


こうしたエピソードからも、岸田氏は、コツコツと己を高めるのが好きなストイックな性格なのかもしれません。

スポンサーリンク

岸田文雄を支える家族は?夫人・裕子さんや議員秘書を務める子供の存在も

岸田文雄を支えてきた夫人・裕子さんとお好み焼き

岸田文雄氏がコツコツと努力を重ねてこれたのは、夫人である裕子さんはじめ、家族の支えがあってのことでした。

岸田氏は、決選投票で党総裁に選出された29日の夜にTwitterを更新し、妻の裕子さんがお好み焼きを作ってくれていたことを紹介しました。

夜遅くのことだったので「作ってあげている夫人の身にもなれ」くらいの手厳しい批判もありましたが、夫人の裕子さんにとっては、日ごろから大切に思っている岸田氏への労いの意味があったのだろうと思われます。

岸田氏も、いつも身近で支えてくれている裕子さんへの感謝の思いを語っていました。

岸田文雄の子供は息子3人、長男は自身の議員秘書

岸田文雄氏は3人の子供たち(いずれも息子)の父親なのですが、そのなかでも長男である岸田翔太郎さんは、現在、岸田氏の議員秘書の一人として仕事しています。

昨年の総裁選を機に、岸田氏が支持者の声を聞きに行くために全国を行脚したときには、翔太朗さんも「かばん持ち」として同行していたのだそう。

翔太朗さんは議員選挙に立候補したことはありませんが、やはり3世議員の長男ですから、父親の政治家としての天王山には、息子として特別な思いがあったのでしょう。

岸田文雄は英語力がすごい?外相時代の外交政策には一定の評価も

岸田文雄は「英語力がすごい」のか?

 

View this post on Instagram

 

岸田文雄(@fumio_kishida)がシェアした投稿


岸田文雄氏は外務大臣経験者なので、英語力が注目されることがあります。

もっとも、スピーチなど、原稿を用意してそれを読むような場面ではそこまで流暢な感じではなく、「英語力がすごい」といった印象は感じられません。

政治家のなかにはもっと英語が堪能な人もいますから、そういった人たちに比べて、岸田氏の英語力が特別に高いということはなさそうです。

岸田文雄の外相時代の外交政策の評価

ただ、外務大臣だった当時の実績は、確かなものとして一定の評価があります。

岸田氏が外相として閣僚入りしていたのは、第二次安倍政権のとき。

このときの岸田氏は、日米関係の外交に特に注力し、日本で首脳会談を開催した際には、当時のオバマ元大統領の被爆地訪問を実現させ、話題となりました。

また、韓国とのあいだでは慰安婦問題の合意に貢献した実績がよく知られています。

慰安婦合意については、その後の文在寅(ムン・ジェイン)政権とのあいだで揉めてしまいましたが、今後岸田氏が、首相として外交政策でどのような舵取りをしていくのかも注目されそうです。

岸田文雄の掲げる経済政策は?

 

View this post on Instagram

 

岸田文雄(@fumio_kishida)がシェアした投稿


こういった外交・安全保障政策のほか、岸田文雄氏は、経済政策を大きな柱のひとつに掲げていることでも注目されています。

総裁選にあたっては「成長なくして分配なし」「小泉政権以来の新自由主義政策を転換する」などと謳い、積極的な経済政策によって、国民一人ひとりの所得を倍増させることを目指したいと表明しました。

成長戦略の内容としては、科学技術のイノベーションを促すための10兆円規模のファンドの創設や、半導体・AI・量子・バイオ等先端技術分野における国際競争力の強化といった、構造改革的な施策を多く盛りこんでいます。

他方で、岸田氏の経済政策案は具体的な中身についてはまだ乏しく、金融所得課税の強化を標榜していることも相まって、市場からの受けとめは芳しくありません。

分配施策の柱のひとつとしては「三方よしの経済を実現する」ことを標榜しているものの、政策面においても「いい人」止まりで終わってしまわないことを期待したいものです。

さいごに

もちろん、岸田氏の構想するような政策が中長期的にどのようなものとして実現されるのかは、まだ未知数です。

外交・経済政策を問わず、持ち前の生真面目な性格で、コツコツと政権運営に取り組んでもらいたいですね。

他のおすすめ記事はこちらです↓あわせてどうぞ!

河野太郎議員のすごい人気はなぜ?評判に最強との声に政治手法は

三浦瑠麗の評判がヤバい?しゃべり方だけじゃない嫌われる理由とは

下川美奈さんの若い頃の仕事と、旦那さんと子供、メガネ姿と色気や年収について

コメント