PS4創(はじまり)の軌跡 最新情報と3人の主人公英雄・解放者・隠者の正体とは

ゲーム

「軌跡」シリーズ全体の完結へと向けた転換点となる意欲作「英雄伝説 創の軌跡」がプレイステーション4で2020年夏発売となりました。

今回は、英雄伝説 創の軌跡の最新情報や、主人公となる英雄・解放者・隠者の正体についてまとめてみました。

スポンサーリンク

創の軌跡の最新情報

「創の軌跡」の最新情報を調べてみると、今作の時系列は前作「閃の軌跡Ⅳ」のエンディング後のストーリーとなり、”英雄””解放者””隠者”の3人の主人公の視点を任意で切り替え進めていく、「クロスストーリー」という新システムで描かれることがわかりました。

そのうちの一つは、「クロスベル」を舞台に活動を再開したロイド達「特務支援課」を中心としたストーリーとなるようです。

また、「閃の軌跡」シリーズでは登場しなかった特務支援課のメンバーも勢ぞろいすると聞いています。

創の軌跡には、新規キャラを含むプレイアブルキャラクターが50人以上登場し、各キャラクター達の背景を掘り下げる「エピソード」シナリオなど、シリーズおなじみのシステムも搭載されています。

こんなに多くのキャラクターを操作できるとなると、誰が誰だかわかんなくなっちゃいそうですね(笑)

新規キャラでは、今まで敵としてしか登場しなかったキャラ、全くの新キャラも登場するようです。

敵キャラとして登場した「マクバーン」は強かったので、使ってみたいですね。

スポンサーリンク

創の軌跡 主人公 ”英雄””解放者”とはだれ!?

3人いる主人公のうちの一人”解放者”は「ロイド・バニングス」のことだと発表されていました。

また、彼が主人公の「零の軌跡」「碧の軌跡」をPS4向けにリマスターした「英雄伝説 零の軌跡:改」「英雄伝説 碧の軌跡:改」が、それぞれ2020年の4月23日、5月28日に「メインストーリーのフルボイス化」「最新作とのデータ連動」などの要素を加え、発売されます。

新作の前に復習を兼ねてプレイするのもよし、彼らのことを知るためにプレイしたい人におすすめかと思います。

もう一人の”英雄”と言われているキャラクターは公式サイトの画像からして、前作「閃の軌跡」シリーズで主人公を務めた「リィン・シュバルツァー」でしょう。

対峙している後ろ姿のキャラも気になります。

創の軌跡 3人目の主人公”隠者”は誰なのかを考察

”英雄””解放者”の二人は公式サイトでも姿がはっきりと映っているので一目瞭然なのですが、”隠者”と呼ばれているキャラクターは、仮面をつけているので誰なのかは不明です。

閃の軌跡シリーズしかプレイしてない自分が考察してみても、シリーズで仮面キャラと言ったら・・・「クロウ」しか出てきません。

「閃の軌跡」から二人も主人公になるのかとも思います。

数は関係ないのだろうか。。。

また、「閃の軌跡Ⅳ」で結社”身喰らう蛇”に入った、セドリック説が濃厚だともネットでは予想されています。

まとめ

・シリーズ最新作「英雄伝説 創の軌跡」はPS4で2020年夏発売
・主人公は”英雄””解放者””隠者”の3人。一人は「ロイド・バニングス」「リィン・シュバルツァー」あと一人仮面のキャラはまだ不明。「クロウ」や「セドリック」説もある。
・「ロイド・バニングス」が主人公の「英雄伝説 零の軌跡:改」「英雄伝説 碧の軌跡:改」がPS4で4月23日、5月28日に発売される。

今のところ情報は少ないですが、これから公開されるもので予想や考察が捗りそうなので、楽しみに待つとします。

コメント