40代のデカ目メイク 奥二重のアイメイクやアイライン、人気のアイシャドウブランドを紹介

ファッション

若い頃に比べてアイメイクがうまくいかないという経験がある方は多いことかと思います。

加齢とともにしわができたり、まぶたが下がってきてアイシャドウやアイライナーが塗りにくくなるのが原因のひとつです。

そこで今回は40代でも目元がくっきり見えるデカ目メイクの方法や、奥二重の人のためのアイメイクに若見えするアイラインの引き方、大人の女性に人気なアイシャドウを紹介します。

スポンサーリンク

40代の自然に見えるデカ目メイクのやり方

ベージュのアイシャドウで彫りを作る

肌の影の色となるベージュのアイシャドウで、上下まぶたの中央と目頭に彫りを作ります。

ブラウンで二重の1/2幅のアイラインを描く

目尻は少し長めに描き、下まぶたの目袋の延長線上で終わると自然に見えます。

このとき黒のアイライナーでまつ毛の間を埋めると、まつ毛が濃くなったようになりフレームがくっきりと見えます。

目を開いたときまつ毛の毛先が二重にかかる長さにマスカラを塗る

マスカラはティッシュで余分な液をぬぐってから、放射線状に広げましょう。

スポンサーリンク

奥二重のアイメイクのやり方

奥二重の人のアイメイクでは、グラデーションがポイントになります。

1色目のアイシャドウを二重幅の少し上までぼかす

目を開いたときに二重幅より少しはみ出して見える程度にアイシャドウを塗ります。

まぶたの上にいくほど薄くなるようにグラデーションを付けましょう。

2色目のアイシャドウを目のキワから二重幅に塗る

1色目よりも濃いアイシャドウで、目のキワから二重幅を塗っていきます。

目尻側にポイントを置くため、目頭と目尻に少しふくらみをもたせるように塗りましょう。

まつ毛の間を埋めてアイラインを引く

奥二重の場合、アイラインは極細で引きましょう。

目頭側は細く引き、二重幅が見える目尻側にかけて少し太くしながら引くとデカ目に見えます。

目の粘膜を埋める

奥二重の人は上まつ毛のキワの粘膜が目立ちやすいので、埋めることでパッチリとした目を作ることができます。

40代のアイラインのやり方

年齢を重ねると目力は弱くなりがちですが、黒のアイラインで締めすぎるとかえって目が小さく見えてしまいます。

ここでは若さを印象付けるアイラインの引き方を紹介します。

まつ毛の下にアイライナーを当て、中心から目尻に向かって黒目の幅だけラインを描く

まつ毛の上からラインを引くと、まつ毛の隙間が埋まらずラインがキワから離れてしまいます。

一気に描かず、まずは黒目の幅だけ描きましょう。

まつ毛とまつ毛の間を埋める

アイライナーの筆先を当てて左右に小刻みに動かしながら、まつ毛とまつ毛の間を埋めていきます。

ちょんちょんと少しずつ塗りながら目尻の端まで描く

目のフレームに従って描き、目尻で止めましょう。

太く仕上げたり、目尻のラインを長くする必要はありません。

目頭は黒目の内側の位置から少しずつ描く

目頭の先端から5㎜ほどあけてまつ毛が生えているところまで描きます。

まつ毛の上に筆先を当て、目尻にかけてラインを重ねる

上まぶたのフレームに合わせてラインを重ねると、目尻のラインが下向きになってたるんでいるように見えてしまいます。

下まぶたのラインの延長線に向かって描きましょう。

目尻ラインの端から下まぶたのキワにつなげるように描き足し、できた三角の中を埋める

ラインを描き足すと目尻に小さな三角形ができあがります。

この三角の中を筆先でちょんちょんと塗りつぶしましょう。

40代に人気のアイシャドウブランド

40代になるとハリ不足やくすみが気になり、アイシャドウは必須のアイテムになります。

ここでは大人の女性に人気なアイシャドウを取り扱うブランドをいくつか紹介します。

COSME DECORTE(コスメデコルテ)

コスメデコルテは質が高く人気のブランドです。

オイルが含まれているアイシャドウもあるので、ツヤ感ある目元にしたい方にもオススメです。

 

Dior(ディオール)

ディオールは単色だけではないパレットアイシャドウも販売しているので、1つのパレットで簡単にグラデーションメイクができます。

またアイシャドウをアイライナー代わりに使うことができ、色持ちも完璧と評判です。

 

MAQUillAGE(マキアージュ)

マキアージュのアイシャドウもパレットタイプがあり、ラメ感のあるとても可愛いものもあるので大人可愛いアイメイクを実現できます。

さらにプチプラブランドなので、お手頃な価格でコスメを購入できるのも魅力のひとつです。

 

年齢に合わせたメイクで綺麗に

年齢に合わせてメイクの方法を少しずつ変えることで、いつまでも若々しく印象付けることができます。

最近はデパコスのほかにもプチプラブランドが多く、お得で使いやすいコスメが増えてきました。

若い頃のようにメイクができないと諦めず、変化していくアイメイクを取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメント