ディズニープラスとデラックスの違い。ディズニー・ギャラリー/スター・ ウォーズ:マンダロリアンも

生活情報

6月11日にディズニープラスの配信が日本でも開始される事になりました。

今まで日本でディズニー参加の作品を配信していたディズニーデラックスとはどのような違いがあるのか、またディズニープラスの大きな強みであるオリジナル作品ディズニー・ギャラリー/スター・ ウォーズ:マンダロリアン等についてもお話したいと思います。

スポンサーリンク

ディズニープラスとは?

6月11日に開始が発表されたディズニープラスは、アメリカやカナダでスタートしているディズニー傘下の動画を配信する公式のサービスで、ディズニー・ピクサーやスターウォーズ、マーベル、ナショナルジオグラフィックなどの作品が月額700円で見放題となっています。

日本版もコンテンツはアメリカと同じものを配信していきますが、現在いくつかの作品で日本語版の作成が遅れており、同じタイミングでの配信が出来ないとのこと。

画質はFull HD(1920×1080)音声は2chですが将来的にはアメリカと同じ4K・HDRの画質で5.1ch音声での提供が検討されています。

スポンサーリンク

ディズニープラスとディズニーデラックスの違い

日本ではディズニーとNTTドコモが運営する動画視聴アプリを運営するディズニーデラックスがすでに存在しており、こちらもディズニーとそのグループの作品が見放題なのは同じなのですが、ディズニープラスに比べてオリジナル作品の配信がほぼありませんでした。

ディズニープラスが配信開始後はディズニーデラックスの会員はアプリの一つ、ディズニーシアターがディズニープラスにアップデートされる形となり、特別な手続きや追加費用無しでディズニープラスを楽しめます。

またドコモよりディズニープラスに加入した方は、追加料金無しでディズニーデラックスも利用できます。

ディズニープラスはスターウォーズファンにオススメ!

ディズニープラスではオリジナル作品が充実していますが、中でもスターウォーズのファンの方には是非オススメです。

ツイートによると、スターウォーズのシリーズで初の実写ドラマとなったマンダロリアンのシーズン2が2020年秋頃に配信予定です。

「ディズニー・ギャラリー/スター・ ウォーズ:マンダロリアン」

マンダロリアンの舞台裏を、インタビューや多くのメイキング映像から見られる全8話のドキュメンタリー番組「ディズニー・ギャラリー/スター・ ウォーズ:マンダロリアン」も視聴する事ができます。

最先端のテクノロジーから小道具に特殊効果が作る世界観、未公開映像に製作総指揮のジョン・ファブローの司会による座談会などファンならたまらない情報が満載です。

「スターウォーズ/クローンウォーズ」ファイナル・シーズン

スターウォーズ関連ではアニメ作品クローン・ウォーズのファイナルシーズンも配信されます。

本編のエピソード2と3の間を描いたこの作品は、ルーカスフィルム買収の影響でCG未完成のまま発表されていた最終シーズン7が制作打ち切りに。

しかしファンの要望に答える形でついにファイナル・シーズンとして制作が再開しました。

「マンダロリアン」「反乱者たち」とも繋がり、語られてはいたものの詳細が不明だったマンダロア包囲戦がついに描かれ、総監督には変わらずにデイブ・フィローニ氏が担当、制作が中断していた間に向上した技術によって一部のキャラクターの3Dモデルが変更となりました。

ダース・モールのモーションアクターを、映画版で演じたレイ・パークが担当することも話題となりました。

実写ドラマも次々制作!

その他にも女性キャラクターがメインの新作が製作進行中です。

ローグワンシリーズの前日譚やオビワンケノービが主人公のスピンオフもラインナップに上がっておりスターウォーズファンには嬉しい限りです。

ディズニープラスの充実したオリジナル作品

マーベル作品ではX-MENやアベンジャーズのスピンオフなど多数が配信予定。

マイティ・ソーの敵役ロキをメインにした2021年春に放送予定のドラマでは、映画ドクター・ストレンジの新作ともつながるようです。

ピクサー作品では人気のトイ・ストーリーシリーズのスピンオフがラインナップに上がっています。名作わんわん物語の実写ドラマや全くのオリジナル作品など多数が配信予定です。

今まで他の動画配信サービスに対して、あまり決定的強みがなかったように思えるディズニーデラックスですが、ディズニープラスが見られるようになったことで多数のオリジナルドラマという大きな武器を得ました。

過去の名作だけでなく、今後も増えていくオリジナル作品の情報にも注目です。

コメント