浅田春奈アナウンサーは秋田局に配属!高校・大学時代のすごい経歴

女子アナ/アナウンサー

NHKに2019年度の新人、2年目の浅田春奈アナウンサーが可愛くて美人だと一部で話題になっています。

まだまだ画面に映ることも少ない浅田春奈アナウンサーですが、今回は配属された秋田局での様子や高校大学時代のことを調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

浅田春奈アナウンサーの配属はNHK秋田局

浅田春奈アナウンサーが配属されたのはNHKの秋田局で、浅田春奈アナウンサーは福岡で生まれた後、小学生時代を秋田と福島の東北地方で過ごしていたそうで、懐かしさも感じているようです。

現在は秋田県のローカルニュース番組「ニュースこまち」でリポートなどを担当し、8月には初めてのキャスターとしてニュース原稿を読み、日々経験を積み上げているようです。

秋田局の公式ブログ「ブログこまちNHK秋田だより」にも記事を書いていて、他のアナウンサーに比べるとまだまだ機会は少ないですが、新人らしい活力あふれる文章で、主に出演した番組の事や秋田の暮らしなどを綴っています。

スポンサーリンク

浅田春奈アナウンサーの高校時代

高校時代は神奈川県に住んでいて、日本女子大学附属高等学校へと進学をしていて、浅田アナウンサーが憧れのアナウンサーとして挙げている、笹川友里アナウンサーもこの高校の卒業生の一人です。

この高校を選んだ理由については、オープンキャンパスでの校長先生の話に感銘を受けたことで、学校に好感をもったことがきっかけと語っています。

またこの頃は自立心が旺盛で、異性がいないことで頼ることの少ない環境でまず自分でやって見るという学校の雰囲気も志望動機になったそうで、この頃からしっかりとした考えを持っていた人だったようです。

高校で得たものは日本文学とアナウンサーへの夢

この頃の中学・高校の先生の影響で日本文学の素晴らしさを知り、純文学を好きになったとのことで、大学進学後は日本文学を専攻しています。

また授業の一環でアナウンサーや映画監督の方から話を聞ける機会があり、漠然としていたアナウンサーへの志望が固まってきたのはこの時期のようです。

高校では考える前にまずやってみる気持ちを学び、好きなことに他人の目を気にせず打ち込める環境が自分には合っていたとい語っています。

浅田春奈アナウンサーの大学時代から

大学は内部進学で日本女子大学に進学し、すぐに弓道部へと入部して初段を取ったのですが、弓道は4月に入部してから始めました。

ところがそれから僅かな期間の5月半ばの審査に臨み、大学生活の忙しい中で猛練習をして合格したそうです。

なぜそんなに初段を急いで取りたかったかといううと、京都の三十三間堂で行われている新成人が参加する通し矢にどうしても参加がしたかったためだそうです。

その参加資格が初段以上の新成人だったために頑張ったそうで、日本文化への興味と好みが意欲を沸き立たせたようです。。

小学校の頃ジャーナリストの方の著書を見てから、漠然とアナウンサーになる夢を持っていたそうですが、この頃にはもうその道を目指すことを決めていたようで、アナウンススクールにも通いました

また雑誌の専属読者モデルや学生キャスターなどでTV出演やリポートを経験したりと、将来につながるような活動もこの頃にしています。

最近話題の新井恵理那アナウンサー人気のビキニ姿!夫はいる?かわいいとの評判についての記事もよろしければどうぞ。

浅田春奈アナウンサー大学時代はミスコンテストで快挙

浅田アナウンサーは「ミス日本女子大学」のグランプリに選ばれていますが、出場を決めた理由に、

ミスコンに出たからといってアナウンサーになれるわけではないですが、ミスコンに出場してアナウンサーになった方が多いので挑戦してみました

と、語っています。

その後各大学のミスコンテストのグランプリとと準グランプリを集めたコンテスト「Miss OF Miss」で、グランプリこそ逃したものの、審査員特別賞、モデルプレス賞、CCHANNEL賞のトリプル受賞という快挙を受けました。

その後にNHKへと無事採用された浅田春奈アナウンサーですが、その容姿故にまだ露出も少ない入社2年目ながら注目する人も少なくないようです。

美貌だけでなく、日本文学や弓道など将来のアナウンサーとしての引き出しも多そうな浅田春奈アナウンサー、経験を積んだ先、その将来に期待です。

女子アナおすすめ記事はこちらです↓

岩本乃蒼アナウンサーのお腹が出てる?実家にノンノモデル時代

相内優香アナのお腹が大きいのは妊娠?過去の二股疑惑も関係?

安藤萌々アナ。テレビ朝日のかわいい新人の身長・家族・彼氏は?

井上清華アナウンサーの綺麗な足や高校時代に、ミスコン出場!

コメント