阿部詩の世界ランキングと、ハーフなのかどうか&高校時代などについて

生活情報

2021年7月25日、東京オリンピック(東京五輪)にて、柔道日本代表の阿部一二三さんと阿部詩(あべ うた)さん兄妹が、同日に金メダルを獲得するという快挙に日本中が沸き立ちました。

柔道女子52キロ級の金メダルを手にした妹の方が、阿部詩さんです。

ここでは、阿部詩さんの世界ランキングと戦績、ハーフなのかと話題になっていること、柔道強豪の高校時代の活躍などについて、調べてみました。

スポンサーリンク

阿部詩さんの世界ランキング

阿部詩さんの最新のIJF(国際柔道連盟)世界ランキングは3位です(2021年6月28日現在)。

過去には、2018年9月に世界ランキング1位になっています。

今回、東京オリンピックでの金メダル獲得により、世界ランキングは確実にアップするはずです。

阿部詩さんの主な戦績

阿部詩さんの主な戦績は次の通りです(全て52kg級)。

オリンピック:2021年金メダル
世界柔道選手権:2019年金メダル、2018年金メダル
グランドスラム:2021年(カザン)金メダル、2021年(タシケント)金メダル、2020年金メダル、2019年銀メダル、2018年(大阪)金メダル、2018年(パリ)金メダル
グランプリ:2019年金メダル、2018年金メダル、2017年金メダル

出場した全国際大会の中で、グランドスラム大会で銀メダルが2つあるだけで、それ以外はすべて金!です。

まさに、やわらちゃんこと谷亮子選手に並ぶ、女子柔道界の人気選手になる実力は十分にあります。

スポンサーリンク

阿部詩さんに関する「ハーフ」とは?

阿部詩さんはハーフ?イケメンの父と兄

阿部詩さんは、オリンピックが始まる以前からかわいいと評判で、ハーフではないか?という話も出ていました。

事実は、阿部詩さんのご両親は日本人であり、ハーフではありません。

ではなぜハーフの噂が出ていたのでしょうか?

それは、阿部詩さんがかわいいことと、兄の一二三さんと父の浩二さんがイケメンであることから生まれた、妄想や願望と呼ぶべきものでしょう。

兄の一二三さんと父の浩二さんにまで、イケメン過ぎてハーフではないか?という声が出ていました。

阿部詩さんは女子アナの赤江珠緒さんに似ている

阿部詩さんが、フリーアナウンサーの赤江珠緒さんによく似ているという声が多く聞かれます。

ハーフ疑惑は、ただ単に顔がかわいいとか整っているだけでは、生まれてきません。

美人女子アナウンサーの赤江珠緒さんに似ていることも、ハーフの疑いが持たれることの一因と思われます。

東京オリンピックで金メダルを獲得してからは、赤江珠緒さんにも注目が集まり、赤江珠緒さんもラジオで、柔道着を意識した服装に娘さんの金メダルもどきを首からかけ、阿部詩さんになりきった受け答えをしていました。

阿部詩さんの家族

阿部詩さんの家族について確認してみました。

父の浩二さんは消防士で、母の愛さんは喫茶店を経営されています。

お二人とも柔道は未経験で、兄の阿部一二三さんと妹の阿部詩さんが、同時に東京オリンピックに出ることを、やった!というよりもびっくり!という感覚だったようです。

兄妹は3人、長男の勇一郎さん、次男の一二三さん、末っ子の詩さんで、兄妹3人で小さい頃から柔道をしていましたが、勇一郎さんは小学校で柔道を辞めて、今は会社員です。

阿部詩さんの高校時代

阿部詩さんは、2016年に夙川学院高校に入学し、幼い頃からの柔道の恩師である松本純一郎柔道部監督のもとで、数々の成績を残しています。

高校1年生の時に国際大会のグランドスラムで銀メダルを取り、その後は出場した国際大会のほとんどで、金メダルを獲得しています。

その活躍は、高校生であることを忘れてしまうほどでした。

高校卒業後は、日本体育大学に進学し、柔道に更に磨きをかけていきました。

最後に


兄妹で同じ日にオリンピックで金メダルという、2021年7月25日の感動は忘れられないでしょう。

兄の一二三さんが金メダルを決めた時の阿部詩さんの喜びようを見た人からは、すごくかわいいとか自分まで嬉しくなるなど、兄思いの妹に感激したメッセージが溢れました。

圧倒的な強さとかわいいと称される容姿で、日本女子柔道界に現れた21歳のスーパーアイドル、と呼んでいいのではないでしょうか?

★他のアスリートおすすめ記事はこちらです。あわせてどうぞ!

大橋悠依の病気と東京オリンピック、結婚と美人という評判について

後藤希友投手の身長や握力、これまでの成績や、アボット選手との関係などについて

西矢椛(にしや もみじ)の両親やスポンサー・練習場所とテレビ注目の選手の年収は?

平野美宇選手の結婚と全国レベルの3人姉妹に現在の活躍について

コメント