2020年必修化のプログラミング教育小学校での開始学年や実践例・ねらいなど

生活情報

プログラミング教育が小学校での2020年より必修化されますが、具体的な内容が今ひとつハッキリしないので、現場では困惑や苦労の声も多くあるようです。

今回は、プログラミング教育を開始する学年はいつからなのか、必修化のねらいや実践例などを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

プログラミング教育小学校での開始の学年は何年生から?

プログラミング教育が始まる学年は何年生からなのか?との保護者の疑問も多くありますが、何年生からと区切りがあるわけではなく、全学年を対象とするようです。

実践例や要項を見ると、5・6学年の高学年に行われることが多くなりそうです。

内容に関しても曖昧な部分が多いようで、具体的な授業内容についても決まっているわけではなく、各学校・地域の教育委員会に任されているようです。

新しく科目が新設されることもないので、プログラミング教育を単独の時間で行うのではなく、他の教科の時間に連携して行うことが多くなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

プログラミング教育小学校での実践例は

2019年に岡山総合教育センターがまとめた、プログラミング教育についての研究成果の実践例には、コンピュータで正多角形の作図をするといったものがあります。

それぞれの多角形がどのような性質なのかを考え、作図するためのプログラミングを作成し、最終的には電子黒板を使い、実際に動作させて発表するというものでした。

その他数々の学校でもプログラミング教育の実践例が上がっており、音楽では繰り返しを使ってリズムを作る、社会ではブロックの組み合わせで都道府県を見つけるといったものがあります。

家庭科では家族と食べる朝食を考えるなど教科も学年も多岐にわたります。

ローマ字タイピングの練習といった物もあり、プログラミング教育と言っても実際にプログラムを作ることを習得するのでは無く、ゲーム感覚で楽しみながらコンピューターの仕組みや操作に慣れること、論理的な考え方を育成することを主としているようです。

プログラミング教育必修化のねらいは何処に

文部科学省の教育の手引によれば、プログラミング教育のねらいは、パソコンの技術的なことを学ぶことが全てではなく、プログラミング的思考を身につけることを目標の第一として上げられています。

プログラミング的思考とは、自分が意図とする一連の活動をコンピューターに実現させるためには、どのような働きを組み合わせなければならないのか、一つ一つの働きを記号に対応させどのように組み合わせるのか、意図した活動により近づけていくには、記号の組み合わせをどう改善すればよいのかということを考えるやり方です。

失敗した場合や上手く行かない場合には、どこの部分に問題があるのかを論理的に考える、という手法を取ります。

これによって創造性や思考力、問題を解決する力を身につけることがねらいのようですね。

現在の社会ではIT技術・AI技術の進歩によって生活や産業のあり方が大きく変わろうとしており、それに対応できる人材の育成を行いたいのだと思います。

最後に

現場の先生からは困惑が伝わってきますが、指導方法や教材も徐々に確立されてきているようです。

プログラミング教育を学ぶことで、新しい技術への適応やネットワーク上での上手な振る舞い方も身に付けられそうで、これからの社会に必要なものだと感じます。

ですので、この科目が一過性のものにならずに定着することを願っております。

コメント